EduMultiCapture | 製品一覧 | 創造デザイン
製造業に関する問題の解決を行えるソリューションを提案しています。

EduMultiCapture

概要

EduMultiCaptureは複数台カメラを同時キャプチャー可能なソフトウェアです。
失敗しない現場作業撮影方法のご提案させていただいてます。

* 匠のカン・コツの見える化実現!
* 匠の思いを伝える動作の見える化実現!
* 熟練ノウハウを映像キャプチャーによる動作の見える化実現!
* 匠の技術を見て盗むではなく、反復して見る・学べる・習得する確かな映像教材に!
* 今まで伝わらなかった動画を多画面により分かる・学べる動画に!

熟練ノウハウを撮影するには

1.必ず目線を確保する。

通常の撮影方法はもう一人撮影者を準備し、熟練者と作業内容を予め打合せする方法が一般的ですが、この方法では「作業者の目線がよく分からない」という問題があります。第三者からの撮影視線は熟練者の目線とは必ずズレが生じてしまうからです。

なぜ「目線」を重要視するかと言うと、目線は作業者の意思が多く表れる部分であるからです。なのでカン・コツの表現をうまく伝えるために必要なものは作業者の目線が入っている映像であることが第一条件になります。

➊ 二人の作業は様々な段取りが必要で、時間を多く要する。
➋ 熟練者は音声を発しない。
➌ 熟練者の目線の動きを撮影する。

2.多画面録画ができる環境を整える。

熟練者の目線だけではなく体の動きを様々な方向から撮影して、細かい動きを分かるようにする。
 

多画面動画に残すことで、細かく分析し、詳細に見て、反復学習可能な環境にする。
※ 一人の作業内容を複数のカメラで同期化して撮影します。

3.撮影を意識しないようにする。

 

従来の手法:

二人で事前に打合せし、熟練者は自分の作業内容を自分の声で説明しながら作業をします。その際、撮影者は熟練者の動きに合わせて、一番良い場所から撮影します。この方法では二人の意思が合わなければ取り直しが必要になる場合があります。  

手間を取らない手法:

予め熟練者の各方角(目線・左右・頭上)にカメラを設置して、熟練者はカメラを意識せずに普段どおりに集中して作業を行います。この時、熟練者は音声で説明をしないことが重要となります。そうすることで作業に集中することができるので失敗なく撮影できます。

4.クセ・カン・コツが分かる動画撮影できるように環境を整える。

熟練者の手先(表面仕上げ・金型調整・ハンダ付け等)の撮影にはスコープカメラの使用を推奨しています。
熟練者の微細な動きでもクッキリ撮影できるので、正しい・間違いを視覚的に学べるようになります。カン・コツはその熟練者の細かい動作によって大きな差が現れるからです。

撮影環境を整えるメリット

  • その一つの方法が熟練者の各方向からの撮影である。一方向のみでは全体の動作を見ることには限界がある。各方向から見ると熟練者の詳細な身動きが伝わります。
  • 聞き手が知りたい、熟練者の手元部分と全体動作を細かく分析できる映像を作成できます。
  • 熟練者の動作を真似るには正確な身動きを確認できる映像が必要で、これにより講習者は習熟することができます。

推奨仕様

 OS  Windows7/Windows8/Windows10
 CPU  Intel Core 5以上
 メモリ  4GB以上
 ディスプレイ  1024×768以上
 HDD空き容量  80GB以上
 USBポート数  4つ以上(推奨)
※HDDの空き容量は動画の保存で必要

画面・紹介動画・カタログ

画面

紹介動画

基本構成

応用

スコープカメラとの併用
スマートフォンとwifi環境での併用
EduNoteによる動画作成

カタログPDFデータ閲覧

お気軽にお問い合わせください TEL 042-774-2246 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]


PAGETOP
Copyright © 有限会社創造デザイン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.