製造業に関する問題の解決を行えるソリューションを提案しています。

EduMultiPlayer

概要

1:1,1:N の作業分析・作業改善・技術レベル見える化が可能なマルチプレイヤーです。

* 映像分析:熟練者(標準)映像と未熟者の映像を比較し作業分析。映像を最大16画面比較可能。
* 分析結果:映像のスタートを合わせ、無駄・間違いの気づき,映像の工程分割で頭だし再生,分割映像の保存が可能。
* グラフ表示:分析結果により作業時間のズレ,各作業評価をグラフ表示可能。
* 作業指示書作成:映像分析・工程分割した内容を自動で作業手順書・作業判定書として作成可能。

現場で解決したい課題と対策

1.現場新人技術者のスキル底上げに悩む管理者が多い。
  —-言葉のみの指摘には限界があります。五感で伝わる教えが必要です。

2.作業チェック表では全体の技術レベルが見えない。
  —-社内技術全体の見える化が必要です。

3.作業者の作業映像から工程毎の無駄分析・時間表示・結果表示したい。
  —-熟練者と複数作業者のすべての無駄の同時見える化が必要です。

4.多人数を同時に映像分析したい。
  —-複数動画の同期再生が必要です。

5.時間をかけずに素早く分析できるものが欲しい。
  —-素早く比較分析できる簡単な分析方法が必要です。

6.作業者に付き切りでなくても作業チェック・分析ができるようにしたい。
  —-映像による詳細な分析ができる環境と映像の撮影が必要です。

7.各者の動画撮影時間が異なっても編集なしでスタート位置を簡単に合わせたい。
  —-映像のスタート合わせができる機能が必要です。

8.映像分析後、無駄な作業部分を区切って、その部分だけを映像表示したい。
  —-映像分析後、簡単な操作でその部分を区切って表示する機能が必要です。

9.その時、複数(16人)の無駄部分の映像をすべて表示したい。
  —-複数の映像(16人分)を区切り表示し、同時に16人分の無駄部分の作業表示が必要です。

10.詳細な映像分析もしたい。
  —-映像を最大0.01秒単位で動かしながら分析できる環境が必要です。

11.複数の長時間の作業分析を行う際に、編集なしで同期化できるようにしたい。
  —-複数の長時間動画を簡単に同期化できる方法が必要です。

12.簡単に、同時に複数の映像分析を行い、その結果をグラフ化・見える化したい。
  —-複数の動画を同期化して比較分析し、その結果をグラフ化する機能が必要です。

作業の流れ


➀ 各種カメラで撮影
ビデオカメラ・IPカメラ・USBカメラなどで現場の熟練者と講習者の映像を撮影保存します。

➁ 様々な映像データを準備
分析に必要な様々なフォーマットの動画を準備します。(※コーデックパック必須)MP4(h264)推奨・MOV・AVI(DivX)・TS・MPG・FLVに対応。

➂ EduMultiPlayerにドラッグ&ドロップ
映像分析には標準映像(熟練者の作業映像)と比較する作業者映像を2~16個をソフトにドラッグ&ドロップします。

a) 映像分析:標準映像と比較映像を最大0.01秒で送りながら違いを比較分析。
b) 時間分析:標準映像と比較映像を最大0.01秒で送りながら時間の無駄がある映像を分類して保存。また、各映像を工程毎に分割して管理。
c) 作業改善:標準映像と比較映像を最大0.01秒で送りながら弊社のオプションソフトで改善内容を説明付加して動画保存。

➃ 分析結果表示
分析結果は自社標準技術の見える化,社員自身の自分技術の見える化,社内技術の見える化,無駄行動・時間の見える化がより明確になります。
自社の生産効率化,見える化,技術力向上に役立ちます。

➄ データベース化
分析したデータは社内ネットワークのサーバで管理し、共有できるようにします。(オプション)

機能

1.スタート位置合わせ機能

スタート位置が合わない複数映像をタイムラインで簡単に合わせ、そのスタート開始時間を登録保存できます。 この機能はスタートが合わない各作業者の映像を手軽にスタート合わせすることで、時間の無駄・作業内容の間違いを比較分析することができます。

2.タイムライン機能

映像分析を行う際に通常のPlayerのコントロールよりも更に精度の高い位置合わせ(最大0.01秒)を行うことができる機能です。

3.停止・再開機能

映像間比較する対象映像の中に分析に必要ない部分が含まれている場合に、その部分を予め設定された時間だけSkipさせることができます。また、ある特定者の無駄な作業をしている部分を集中的に分析するために、他の人の映像を設定された時間だけPauseさせ、ある特定者の映像のみ再生させることができます。

4.工程分割機能

各映像を工程毎に分割して、工程毎の再生(頭だし)を行うことができる機能です。更にマルチ画面で動画の再構成・各工程の移動も可能です。

5.動画出力機能

工程分割した工程毎の新たな動画ファイルを出力することができる機能です。すべての工程を一つの動画ファイルにまとめて、工程が変わる部分を自動的にフェードアウト・フェードインを入れることも可能です。

6.グラフ表示機能

工程分割した各工程において、作業時間と評価(管理者が10段階で作業内容を評価)をグラフ表示し、各作業者の作業改善・生産性向上を図ることができる機能です。

7.作業手順書作成機能

工程分割したものを指定したフォーマット(MS Word)の手順書に工程名と動画から出力した静止画をフローチャートに自動出力することができる機能です。

活用効果と推奨仕様

活用効果

1.熟練者の映像と作業者の映像比較分析による現場の全作業者の現状スキルを見える化します。(一度に16人見える化)
2.社内全作業者の見える化により、自分技術の誤りに気づかせ、改善することができます。
3.工程毎の無駄・誤り・改善度合いの見える化により、自社の技術標準化と生産効率化を図れます。
4.工程分割した映像を工程効率化のために順番の入れ替えをして、動画再生・分析ができます。
5.工程分割した映像から静止画を自動抽出して、作業手順書作成が簡単にできます。

推奨仕様

 OS  Windows7/Windows8/Windows10
 CPU  Intel Core 2 以上(推奨:Core i3以上)
 メモリ  4GB以上
 ディスプレイ  1024×768以上
 HDD空き容量  20GB以上

紹介動画・カタログ閲覧

EduMultiPlayer 紹介動画

 閲覧されたい動画の写真をクリックするとMP4形式(IE11以上・Chrome)で開きます。  動画が開かない方はこちらをクリックして下さい。

   
〇 イントロ動画 〇 複数映像同期再生機能
〇 動画出力機能 〇 グラフ表示機能
〇 動画出力機能 〇 グラフ表示機能
○ 作業手順書作成機能  

カタログ


カタログPDFデータ閲覧

お気軽にお問い合わせください TEL 042-774-2246 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]


PAGETOP
Copyright © 有限会社創造デザイン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.